乱立しているクラウドですが、2011年は、各々もう少し踏み込んで議論されていく年になるのではないかと考えています。