読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドビジネスの場合は、規模の経済が働くため、シェアを確保できた事業者とそうでない事業者と、市場においての勝者と敗者の優劣がはっきりするケースが考えられます。クラウド市場が急速に拡大するからといって、すべての事業者がその恩恵を受けられるわけではありません。当然、SI事業者にとっては、これまでのSIビジネスからの移行も一部進み、従来のSIビジネスと、クラウドビジネスの収益のバランスをとっていく必要もあるでしょう。