教育とは『しっかりと見守ること、そして言葉を投げかけること』ということをドラえもんは教えてくれているのだと思います。そのような言葉の中でも心に響いたドラえもんの言葉を選んでみました。

☆心に響くドラえもんの言葉10選

1.「意地悪されるたびに 親切にしてやったら どうだろう」

2.「他人にできて、君だけに できないなんてこと あるもんか」

3.「いっぺんでいいから 本気で悩んでみろ」

4.「毎日の 小さな積み重ねが 歴史を作っていくんだよ」

5.「人にばかり頼っていては いつまでたっても 一人前になれないぞ」

6.「どっちも自分が正しいと思っているよ 戦争なんてそんなものだよ」

7.「ほんとのファンなら 落ち目のときこそ応援しなくちゃ」

8.「過ぎ去った時間は もう二度と帰ってはこないんだ」

9.「悩んでいるなら 一つでもやりなよ」

10.「何にもしないで いきなり偉くなれると思うのかい」


ドラえもんのび太に対して、こういった言葉を要所要所で投げかけています。この言葉が、知らず知らずのうちに、のび太の中に染みこみ、意識が芽生え具現化していき成功への階段を登る力になったのだと思います。

ドラえもんがのび太を勝ち組にできた理由 - keitaro-news