読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacのMySQLを5.5から5.6にバージョンアップしたときのメモ。

MacMySQLを5.5から5.6にアップデートしてたんだけど、なんやかやでMySQLが起動しなくなっちゃって、せっかくなので、もう1回5.5から入れ直したときのメモ。


MacPortsは使わずにインストールしてます。


データはバックアップしてくださいねー。



まず、バージョンは

ちなみに、Apachephpは最初から入ってたそのまま使ってます。




MySQLをアンインストール

  1. とりあえず、起動しなくなってゴミになっちゃったMySQL(たぶん5.6)をアンインストールします。

    $ pkgutil --pkgs | grep -i mysql

    とすると、

    com.mysql.mysql

    com.mysql.mysqlstartapp

    ってのが出てくるので、

    $ sudo pkgutil --unlink com.mysql.mysql

    $ sudo pkgutil --forget com.mysql.mysql

    とするとアンインストールできます。




MySQLのインストール

  1. MySQL :: Download MySQL Community Server から

    Mac OS X ver. 10.6 (x86, 64-bit), DMG Archiveをダウンロードします。これはMySQL5.5です。

  2. ダウンロードしたDMGファイルをダブルクリックして開きます。

  3. mysql-5.5.29-osx10.6-x86_64.pkg"をダブルクリックしてインストール。

  4. インストールが完了したら、"MySQLStartupItem.pkg"もダブルクリックしてインストール。

  5. 次に、"MySQL.prefPane"もダブルクリック。これでシステム環境設定に"MySQL"の項目が追加されます。

  6. 追加されたMySQLの設定画面を開いて"Start MySQL Server"を押すと起動します。

  7. 起動するとこんな感じです。

    image

  8. mysqlへパスを通すため、ホームディレクトリの”.bash_profile"を開きます。

    $ vi ~/.bash_profile

  9. mysqlへのパスを記述して保存します。

    export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin

  10. 設定を反映させます。

    $ source ~/.bash_profile

  11. とりあえずrootのパスワードを変えておきます。

    $ mysqladmin -u root password 'pass'

  12. “my-small.cnf"をコピーして、設定ファイル"my.cnf"を作ります。

    $ sudo cp /usr/local/mysql/support-files/my-small.cnf /etc/my.cnf

  13. "my.cnf"を開いて、

    $ sudo vi /etc/my.cnf

    各セクションに文字コードに関する以下の設定を追記します。

    [client]

    default-character-set=utf8

    [mysqld]

    skip-character-set-client-handshake

    character-set-server = utf8

    collation-server = utf8_general_ci

    [mysqldump]

    default-character-set = utf8

    [mysql]

    default-character-set = utf8

  14. [システム環境設定] - [MySQL]を使ってMySQLを再起動します。


    または、以下のコマンドで再起動します。

    $ sudo /usr/local/mysql/support-files/mysql.server restart

  15. ログインしてみます。

    $ mysql -u root -ppass

  16. ログインできたら status を確認してみます。

    mysql> staus

    このうち、

    UNIX socket: /tmp/mysql.sock

    はあとで使うのでメモっておきます。




phpMyAdminのインストール

  1. [システム環境設定] - [共有]から、"Web共有"をチェックします。これでApacheが起動します。

  2. phpMyAdmin - DownloadからphpMyAdmin-3.5.6-all-languages.tar.gzをダウンロードします。

  3. ダウンロードして開いたフォルダを、/Library/WebServer/Documents/phpmyadmin/ に置きます。ディレクトリ名は適当にリネームします。

  4. 設定ファイル"config.inc.php"を作ります。

    $ cd /Library/WebServer/Documents/phpmyadmin/

    $ cp config.sample.inc.php config.inc.php

    $ sudo chmod 660 config.inc.php

    $ cd ../

    $ sudo chown -R www:www phpmyadmin

  5. "php.ini"を作ります。

    $ sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php.ini

    $ sudo chmod 644 /etc/php.ini

    $ sudo vi /etc/php.ini

    "php.ini"の中のソケットの設定をMySQLのstatus見たときに表示されたパスに変更します。

    mysql.default_socket = /tmp/mysqld.sock

    mysqli.default_socket = /tmp/mysqld.sock

    このソケットの位置が一致しないと、ログインしようとしたときに「#2002 MySQL サーバにログインできません」ってエラーが出ます。

  6. ブラウザでアクセスして root でログインします。

    http://localhost/phpmyadmin




MySQL5.6へバージョンアップ

  1. [システム環境設定] - [MySQL]でMySQLを一旦停止します。

  2. MySQL :: Download MySQL Community Server から

    Mac OS X ver. 10.7 (x86, 64-bit), DMG Archiveをダウンロードします。これはMySQL5.6です。

  3. ダウンロードしたDMGファイルをダブルクリックして開きます。

  4. "mysql-5.6.10-osx10.7-x86_64.pkg"をダブルクリックしてインストール。

  5. インストールが完了したら、"MySQLStartupItem.pkg"もダブルクリックしてインストール。

  6. 次に、"MySQL.prefPane"もダブルクリック。これでシステム設定のMySQLが置き換わります。

  7. rootは5.5時代のパスワードでログインできなくなっているのでパスワードを設定します。

    $ mysqladmin -u root password 'pass'

  8. [システム環境設定] - [MySQL]を使ってMySQLを起動します。

  9. ブラウザでアクセスして root でログインします。

    http://localhost/phpmyadmin



これでMySQL5.6へのバージョンアップ作業はいったん終わりです。



つづきます。。。