俺はLindaたちがなにをあそこまで思いつめてRailsGirlsを始めたか完璧には理解していない(し、そもそも「完璧な理解」って存在するのか?)が、ひとつ理解しているのは、RailsGirlsはべつにRailsやりたい女子じゃないという点だ。Railsはたまたまそのへんに転がってたからチョイスしただけ。本当のゴールは女性へのツールとコミュニティの提供を通じて、在野の女性のアイディアを実現する事にある。不勉強で日本の事情はよく知らんけど、本家はそういうことになってる。だから本当にRailsGrilsのRailsってのはウィキリークスWikiくらいどーでもいいんですよ。今後たとえばRailsいけてなくねってことになったらRails捨ててexpress.jsなりに移っても、RailsGirlsのミッションはいささかも揺るがない。 RailsGirlsってのはアファーマティブアクションですよ。たとえば性別逆転して「男性優先、女性は男性同伴のみの場合のみ可であるRailsBoys」とか考えてごらんなさい。だいぶ醜悪な事態じゃないですか。ということはつまり、そこにジェンダーによる構造的なギャップがある。だからこそ解消しようとするのは重要で、そのための具体的なアクションというのはあるよねってこと。ともかくもRailsGirlsが成立してる背景には女性が性別により不利益を被る構造というものがある。なきゃただの男性差別ですよ。俺はRailsGirlsに(単独では)参加資格ないけど、それはわざわざRailsGirlsに参加するまでもなくすでに俺が十分に社会から恩恵を受けているからで、だから俺なんかよりもっとRailsGirlsに参加すべき人が参加すべきという理論で、これはまったく正しい。 大変残念ながらそのへんがJS Girlsでは後退してるように見えるんだよな。 わりと色々調べてみたけど結局JS Girlsがなにをどうしたいのかが分からんわけです。どうやら男性は困ると言われていることは分かるんだけどね。じゃあ女性があつまって何したいの? キラキラしたいだけなの? というのが見えてこない。たんに盛り上がればいいの? それおらが村にも嫁さ来てくんねえかなとどうちがうんだ? 勘違いしてほしくないのはべつにだからJS Girlsやめろとかじゃないですよ。大いにやればいいとおもう。ただちょっと今のままだと「たんに男性を排除してる」ようにしか見えないぞと。きっとダイバーシティって排除とは真逆の方向だと思うんで。もっとちゃんと広報すべきなんじゃないですか。外野からは観測できないところではそういう議論あるかもしれないけどさ。今後どういうふうにしていきたいのかっての、ちゃんと公表しといてくれたほうがいらぬ誤解を生まなくて済むよ。 で、もしそんな深く考えてませんでしたっていうなら、Girlsとか安易に言っちゃうのはちょっと迂闊すぎると思います。