読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認定スクラムマスターになりました!

先日、二日間の認定スクラムマスター研修に参加し、オンラインでのテストをパスしたので、めでたく認定スクラムマスターになりました。

スクラムというのは、複雑なプロダクト(自分の場合はソフトウェア)を開発・維持するためのフレームワークです。

ソフトウェア開発は、プロダクトも開発の進め方も複雑怪奇なものなので、将来を見越した確実な計画を立て、その通りに正確に作業を進めることは不可能です。

という前提に立ち、スクラムには、

  • 明確なゴールを共有
  • 優先順位が高い要件から作業を行い
  • 目標が達成できたら終了

というとてもシンプルなルールがあります。シンプルなので逆に厳しい。そんなところから、スクラムは検証と適応のフレームワークとも言われています。

また、人間の心理にフォーカスしていたり、自律的なチーム作りを促したりと、単にソフトウェアを作って終わりというだけではない、自分の生き方や組織をよりよく改善していくような仕組みも背景にあったりします。

一般論ではアジャイル開発の一つと分類されてしまうのですが、それはなんかニュアンスが違っていて、スクラムスクラムでしかないな、というのが今思っているところ。

研修ではスクラムの文脈について徹底的に仕込まれ、深く考えたり議論したりだったので、今でも強烈なインパクトが残っている2日間になっています。スクラムの本質まであまり理解できていなかったことを見せつけられたし、その奥深さや実践におけるハードルの高さにおののいているところでもあるのですが、覚悟を持って実践しなければなと思っているのでした。

ま、「認定」の称号も今はどうでもいいかなって感じになっているですが、スクラムを学ぶための認定スクラムマスター研修はかなりよかったです。

ちなみに、スクラムガイドはこちら。PDFで読めます。